Q&A

1491295189

本音とは?


独断的、自己中心的な見方や基準をsimtでは本音とよんでます。


本音は欲望とつながってます。


根本の欲としては、食欲、性欲、承認欲、支配欲、生存欲等。


それを本音として表現すると、嫉妬、嫌悪、不満、見栄、逃避、不信・・・挙げると切りがないですね。


多くの場合、自分の中にも建前と本音が混ざっていて分かりにくいことが多いです。それに自覚できてないことが多いと思います。


真面目な人ほど、自分で勝手に汚いと感じてしまう欲望、本音は認めたくなくて、自然に抵抗する心理が働くからです。


欲は悪いものという前提もどうなんでしょうか。仏教的にはそう教えていると思いますが、誰でも欲はあるし、欲の全てが悪いもの汚いものではないです。大昔から進化を続けながら生き残るために遺伝子にインプットされてきた、生物としてはある意味では自然なものです。



本音にも浅いもの深いものがあります。


最初に気づいた「これは本音かな?」というものに対して、何度も、それは何故か?本当にそうか?と自分に問いかけていくと、より深い本音が見えてくると思います。真剣さが深さを左右します。



本音は消すことも変えることもできません。


その本音を否定も抵抗もせず、受け入れつつもあまり真剣に捉えすぎないで、思考や行動を自分にとって価値ある方向に舵を切っていく。舵を切った後は、目的地につくことも心配せずに、そのプロセスをただ楽しむ。それが理想的でしょうか。


本音が充分に腑に落ちないと、その大切にしたい価値もあやふやになります。呼吸法や行動時自己洞察が、深い本音を知るきっかけ、助けになります。


・・・あなたが心の底から欲しいと思っていることは何ですか?(本音)







1491295121

呼吸法(瞑想)は現実逃避?


部屋の隅で座って呼吸法(瞑想)をしていると、私も「現実逃避?」と言われたことがあります。


確かにリラックスしたい、だけを目的にしているとその傾向はありますし、副次効果としてその恩恵はありますが、本来は違います。


妄想や思考から離れて、エゴのあるありのままの自分を直視・観察・受け入れていく練習です。


自分の中の深い本音が分からなくては、自分の衝動的な反応のクセを修正していくこともできません。


表面上の行為が例え変わったように見えても、その本音から生じる反応のクセが変わらなければ、無理をしている、ストレスを溜めている状態になります。


だからと言って、反応のクセがコントロールできるはずと過度に期待して呼吸法をしてもいけません。


何に対してもとらわれのない状態で、思考や感情を心のスクリーンのようなものに映しているということを深いところで自覚します。それは日常生活に活かすための練習です。




「音がある」は紛れもなく純粋な存在ですが、「うるさい音だ」は思考というフィルターを経由してスクリーンに映しています。


「そこに人が居る」は純粋な存在ですが、「そこに嫌いな人が居る」も同様に思考というフィルターを経由してます。





それではこれらはどうでしょう?


「私はあの人より劣っている」「私はあの人より優れているはずだ」「私は退屈な人だ」「私は太っている」・・・等々


紛れもなく純粋な存在としての自分がいます。


皆さんはどのように心のスクリーンに映っているでしょうか?

1491295058

呼吸法とは?


いろんな説があります。


どれかだけが正しいということはないと思います。


ただ、ここではsimtを療法として活用する立場から強調するポイントの優先順序はあります。


①simtとしては意識的に呼吸をすることでまさに意志力を養います。


②吐く息の方を長めにすることで血中の炭酸ガスの量が増えて、セロトニンを分泌します。ゆっくりにすることで副交感神経を刺激して体全体をゆったりとしたお休みモードにしてくれます。


③意識的にも無意識的にもできる呼吸は自律神経に繋がりやすい特別な特性をもっているから、考えるモードから感じるモードに移行しやすいといわれています。





その他にもいろいろな説があり、研究もされていますが、なんていっても、呼吸ならどこにでも持っていけますね!

1491294997

価値って何ですか?


自分にとっての価値がわかると意味ある行動の動機になります。不安や恐怖を動機にして行動したら楽しくないし、意味のある実りのある充実した人生にはきっとなりにくいですね。


不安を動機にすれば回避するためにエネルギーが使われてしまいます。


価値を動機にすればエネルギーは減らないし、逆に増えていきます。


自分にとっての価値は人それぞれ。

何を選ぶか、何もルールはないです。


もし何かよりどころにするとしたら、疲れないもの、エネルギーが低下していると感じないものでしょうか。


気をつけないとならないのは、昔からの慣習や他人が決めたルールによって思考が価値を決めようとしている場合で、たいていは不安に基づいて判断していると思います。



・・・もし何も制約がなかったらどんな風に生きたいですか?





・・・誰も反対する人がいなかったら何をしたいですか?


- 1 - - 2 - - 3 -