Q&A

1516708184

どのくらい呼吸法をすると効果が出ますか?


人によって様々です。時間の長さだけではありません。いかに身体感覚に意識を向け続けられるか、心の働きに気づくことができるか、本音を見ていけるか、の質によります。そうは言っても真剣に取り組む人ほど効果があるということが見てとれるエビデンスはあります。しかし、ここに大きな落とし穴というか、矛盾があります。


マインドフルネスは心理的柔軟性を育むものです。こだわりすぎない方向です。手放す方向です。目的や効果を求める欲が強いと手放せません。

今まで手放せなかったからつらかったはずです。ここで同じように求めてしまえば同じつらさが出てきます。


現実をあるがままにみて、ああそうか。と了解します。あきらめとは違います。現実を見た上で何ができるか考えます。自分のこと以外はあきらかにコントロール外です。自分の感情も思考もコントロールできないのですから当たり前ですね。


呼吸法と自己洞察が、どうやら効果がありそうだと感じたら、一旦そのことは忘れます。そしてひたすら呼吸法を習慣にします。まずは1分から始めましょう。今できることをするだけです。

その無垢な姿勢が結果的に改善方向に流れていきます。


世の中、一見矛盾して見えるところに重要なことが合まれているものです。

1508022750

危ないマインドフルネスってあるの?


流行してくるにつれて、いろんなマインドフルネスをうたう団体が増えてきてます。


他人の言動に流されやすい人や、藁にもすがる思いでいる人には、マインドフルネスを選ぶ際には注意が必要です。


マインドフルネスに限らず、自己啓発のセミナーや体験会等に参加される方は以下のことを参考に、参加または継続的に参加するかどうかを見極めたら良いかと思い、いくつか挙げてみました。




こんなマインドフルネスに注意しましょう!


・HPに記載の無いお金(寄付やお布施)を要求する。

・HPに記載の無い別コースにしつこく誘う。

・いろんな効果があると言って物品を売りつける。

・ベースになる考え方や哲学のバックボーンが不明瞭。

・最も大事にしたい目的が不明瞭。リラックスレベルなのか心理療法レベルなのか?両方なのか?

・瞑想中に神秘的なイメージをやたらに多用する。

・不安をあおる言葉の使い方を多用する。

・あなたのためだと言って団体にしつこく勧誘する。



1492485344

呼吸法のとき、テキストの内容を考えてしまいますが、それも思考ですか?


テキストの内容を考えたりするだけであれば、思考に捉われている状態です。


それだとなかなか自己洞察がしにくいですね。


でもどうしてもそうなりがちです。


テキストの呼吸法を誘導する内容を音源に吹き込んで、それを呼吸法時に聞きながら自己洞察する方法もあります。


他人に配布したりせず、個人で活用される場合は、著作権の問題もありません。


ご家族等にお願いするか、自分自身の声で録音するかなどで試してみてはいかがでしょうか。


1492398698

呼吸法をすると眠たくなりますが?


基本は眠たくないときにやってください。


眠たくなかったのに、呼吸法をすると眠たくなることもよくあります。


副交感神経が刺激されるからです。


どうしても眠たい場合は、身体を動かす前に、「これから動かすぞ」と気づいてから立ち上がったりして眠気を覚ましてから再開してください。


できなかったからといって自分を責めないでください。


やろうとしている意志があるだけでもすごいことです。


焦らないでください。


まずは呼吸法を少しでも毎日する習慣(歯磨きのように)をつくることが大切だと思います。


でも短い時間であったとしても、その一呼吸一呼吸が惰性にならないように意識的に注意を払うようにしましょう。

1492281929

呼吸法を長くできないのですが?


長く呼吸法をすることが目的ではありません。


意志の力を向上させて、脳神経を活性化し、もともとの状態に戻していくという意味合いでは、時間を長くする時期も必要と思います。


意志力ですから自分でやろうと決めた時間まで続けるのが大切です。


長くできない場合は、何らかの苦痛を感じてここから逃げたいか、他に何らかの魅力を感じて自分で決めたことをやめるということです。


そのうち呼吸法をやめてしまうかもしれません。


その場合は、裏付けをまだよく理解していないための不信からくる真剣さの足りない状態でしょうか。


呼吸法の途中でやめるにしても、やめたいという動機にはなるべく気づくようにしてください。


そこには何らかの本音があります。それに気づきましょう。


そういうやめかたなら意味があります。

1491880661

マインドフルネス(simt)はカウンセリングと何が違う?


傾聴中心のカウンセリングとは異なります。


話を聴いてもらうとそれだけでも確かに楽になりますよね。


でもその効果はその場限りで終わってしまうことが多いと思います。(すみません、この解釈は私の勝手な思い込みです。実際にはさまざまだと思ってもいます。)


受け止め方や考え方や反応の仕方が変わっていかないと同じ悩みやつらい思考を繰り返します。


そのときは、悩みを繰り返す脳神経回路が動きやすくなっています。


simtでは、自分の意志を行動に繋がりやすくする脳神経回路を活性化するように働きかけていきます。しかし時間はかかります。


(行動とは、朝になったら布団から出て起きる、とか意志が必要なそのようなこと全般です。)


ですから、体験会やセッションでは、基本的には知識的なことや傾聴的なことよりも実践中心の場になります。


トレーニングのお手伝いをします。

1491793678

気晴らし的なことはしてもいい?


とてもつらいことがあって、頭の中で思考がものすごく混乱しているときは、即効果を期待して座って呼吸法をしても無理があるかもしれません。


瞑想や呼吸法は効果をすぐに求めるほど落ち着きから離れてしまいます。(洞察するにはとてもよいチャンスではありますが)


常に呼吸法をしているのを前提にするのであれば、気分転換になるので気晴らし的(趣味や運動)なことも必要だと思います。緊急避難です。


運動であれば、

身体を動かすヨガとかはお薦めします。

昼間なら歩くのもお薦めです。


感覚に気づきながら身体を動かすのがいいですね。

そうなると瞑想しているのとほぼ同じで気晴らしを超えてます。これなら毎日やった方がいいです。


ただ、気晴らしの動機がいやなことから逃げたいだけになってしまうと意志力や心の成長がストップしてしまうかもしれません。


気晴らしのジャンルと時間のかけ方等のバランスだけには注意が必要かもしれませんね。


※フルセッションでは毎日の課題のひとつとして「30分位の運動」を挙げています。リズム的な運動は前頭前野やセロトニン神経が活性化します。できれば気晴らしとは思わずにこういう効果があるんだな、と頭のすみに思い浮かべて運動するのがよいかと思います。



参考→キラーストレスコーピング

1491639646

「今ここ、あるがまま」に生きるとどうなるの?


マインドフルネスで「今ここ、あるがまま」に生きるとどうなるか。


「今ここ」とか「あるがまま」って深すぎます。


なので、こういう素朴な質問になるほど正直、ビビリます (^-^)


それに、こういう質問をする人は真剣に生きてます。


少なくても人に質問する前に自分に向かって問いを何度も発してます。




「今ここ」ってことは、過去を振り返らない、未来を想像しない。


心理的記憶、心理的時間が無いってことです。


不安も恐れも無くなります。


だから、他人と比べることもしない、自分が劣ってるとか優れてるとかは考えない。


自分の過去を嘆きも責めもしない、将来を悲観しない、ってことです。


今を新鮮に無評価で見れるってことです。


そうなると、他人も自分も表面上は違って見えても本当は同じ命だってことが分かってくる。(相手が気づいているかどうかは別ですし、どうしたって同じに見えない、って反応されるのは承知してます。私もそうですから。)


ここまでくると他人にも自分にも優しくなれます。


たいていのことは目をつぶれます。(はい、そんなこといっても無理!って聞こえてきます。)


少なくても自分を傷つける恐れのない草花やかわいい動物たちは今までよりも新鮮に感じられ、慈しみの心がさらに芽生えてきます。→幸福感に満たされます。




「あるがまま」になると自分の本音に正直になります。


自分に優しくなれます。


人の言うことや視線をかなり気にしなくなります。


人に心理的にコントロールされなくなってきます。(本当は自分が全てを意識的にも無意識的にも選択してます。)


依存心が減ってきます。


自分の成すべきことが自然に分かってきます。


心理的に抵抗することに浪費していたエネルギーを自由に使えるようになれます。


そのエネルギーを使って、自分にとって意味あることに対して行動的になれます。


そして自分に自信が持てるようになれます。


自分の存在が存るというだけでも肯定的に感じられるようになります。→幸福感に満たされます。



自分に偽りなく感じる、表現できることが本当の人生ではないでしょうか。



やはり「今、ここ、あるがまま」って最強の言葉です。


本来、これにどんな説明を付け加えても冗長な表現(無駄)に思えてしまいます。



・・・マインドフルネスが向かう方向であり基盤になるのは、いろんな説明、理解の仕方、段階があるにせよ、やはり「今ここ、あるがまま」だと思います。



※このテーマ、時間をおいてみてちょっと違うなって感じたらまた書きます。

- 1 - - 2 - - 3 -